ナガンヌ桟橋前コーラル

チービシのナガンヌ島にはボートエントリーします。
島の南側には桟橋があり、海底は砂地のなだらかな地形が広がっています。
初級者から楽しめるダイビングエリアですが、サンゴの多いポイントなので傷をつけないように注意が必要で、中性浮力のコントロールのスキルは必須です。
白い砂地にはクロナマコが生息しているので、白色と黒色のコントラストは不思議な気がします。
また生まれたばかりのサンゴやソフトコーラルの上には、ウミガメが多く泳いでいるので遭遇することができるはずです。
またウミガメが寄ってくる大岩は『亀の家』と呼ばれていて、大きなウミガメを見ることができます。
潮の流れに乗ってドリフトでカメに気づかれないように近づくといいでしょう。