北ランニングエッジ

ボートで那覇から東シナ海を西に向かい神山島を越えると南北に200m東西に1kmの横長の細い島がナガンヌ島です。
島の周りはサンゴ礁で囲まれ、サンゴ礁の北に浅い岩場が広がっています。
そこから沖に向かって急に落ち込むドロップオフを潮の流れが速いという意味の「ランニングエッジ」と呼んでいます。
ランニングエッジ沿いは、潮の流れが良いことでプランクトンがくるため、ウミシダの群生になっていてグルクンなどの群れがエサを求めてやってきます。
初心者から楽しめるポイントですが、流れが強いのでドリフトやサンゴの上を泳ぐので中性浮力は必須のスキルとなります。
透明度の高い場所ですのでウミガメとの遭遇もあり、じっくりと観察するといいでしょう。