サンドハイウェイ

ナガンヌ島と神山島の間に白な砂の道が続いていて、まるで高速道路を思わせるロケーションからサンドハイウェイと呼ばれるようになりました。
海底では白い砂地にサンゴや根が広がっていて、その間の白い砂上を潜るのにはドリフトが多く、中性浮力のコントロールは重要です。
また島と島の間ということでボートエントリーとなり、直後に潮の流れはきつい場合もありますが初級者から楽しめるダイビングポイントです。
その真っ白な砂のハイウェイを走っているのはカラフルなトロピカルフィッシュのチョウチョウウオやスズメダイ、また大型のマダラトビエイなども見ることができます。
真白い砂の高速道路を一気に流されていくドリフトの爽快感は、格別の感動を受けることでしょう。