シュガーヒル

沖縄の海の砂は、砕けたサンゴや貝が波の力で砂のようになったので白い砂のように見えます。
その白い砂の中でもクエフ島のシュガーヒルは、名前の通り白い砂糖のような砂が果てしなく広がっている砂丘のようなところです。
水深も浅く太陽の光が降りそそぎ、透き通った海底はとても明るく素敵な光景を見ることのできるポイントです。
特に水深10m位から沖に向かってなだらかに落ちていくその光景は、スキーのゲレンデを思わせる地形です。
ボートエントリーではフィンで海底が砂を巻き上げないように、中性浮力とドリフトに注意してダイビングしましょう。
強い潮の流れに乗ってドリフトで白い砂地に生息する生物や、大きなエイを見ることができます。