宮古島ダイビングスポット「プロピデンスT」

宮古島の北に位置する八重干瀬はサンゴ礁が広がる人気のダイビングスポット。その八重干瀬の北側にあるポイントがプロビデンスT。このポイント名の由来は意外にもイギリス海軍の船。1797年にここで座礁したプロビデンス号にちなみ命名されたポイント。多少潮の流れが速く、中級者以上のダイバーにおススメ。水深は20メートル強で、ハナダイの仲間などを鑑賞することが可能。八重干瀬は日本でも有数のサンゴ礁群としても知られ、八重干瀬とはそのサンゴ礁を総称した呼び名。年に数度、大潮の時に潮の引いた海面に姿を現す幻の島としても知られ、その面積は宮古島に匹敵するほど広大。日本有数の美しいサンゴ礁は一見の価値あり。ちなみに八重干瀬は「やびじ」・「やえびし」などと読むので知っておこう。