トリノクチ

トリノクチは久米島の南端そばのダイビングポイントです。
港から約30分ボートでポイントに向ってのエントリーとなります。
水深は2〜20mで、平均は10mほどです。

 

沖縄には少ないゴロタ石があります。
ハナミノカサゴの幼魚やヒメサンゴカサゴ・カミソリウオ・オドリハゼ等の観察ができて、マクロ派ダイバーにお勧めのポイントです。

 

また、南西側に位置し複雑な岩場で穴やクレバスがあります。暗闇にはツバメタナバタウオやクレナイニセスズメ、アオギハゼなどが見られます。
初級者をはじめ、どのレベルのダイバーでも楽しめます。

 

また、マンタの通り道にもなっていますから、冬場にはそんなサプライズ遭遇のチャンスもあります。
こちらの15〜30mあたりのサンゴは、とっても健康で、サンゴの中のハゼも楽しめます。