シチューガマ

シチューガマは真泊港からボートで10分のアクセス、ボートからエントリーする、入り組んだ地形が魅力のダイビングスポットです。
といっても初級レベルのダイバーから楽しめます。

 

水深は5〜30mほどで、水深28mから6mにぬけるL字型のケーブポイントで、ドロップオフと根の壁から上へつながるアーチがあります。
リーフの切れ目がクレバスになりそこをいくと洞窟もある。

 

そんな楽しい地形にはリュウキュウハタンポ、アカマツカサ・ハタンポ、ホウセキキントキ・イセエビ等がみられるほか、ワラエビの仲間、モンツキカエルウオ等などもいます。

 

この、久米島の屈指の地形ポイントである「シチューガマ」という名前はシチュー(イスズミ科の魚)がガマ(穴)にいたことに由来しています。