座間味島ダイビングスポット一覧記事一覧

座間味島のダイビングスポット「ウチャカシ」

ウチャカシは、座間味島の北部にある、巨大な水路や、遺跡のような地形が魅力的なポイントで、地形の好きなダイバーにはかなりおすすめのポイントです。対象レベルは中級以上のダイバーです。最大水深は40mほど。エントリーはボートからになります。遺跡のような階段状のドロップオフがあり、その回りをカスミチョウチョ...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「ドラゴンレディ」

ドラゴンレディは座間味島東部、トウマ浜の西端にある唐馬浜沖合いの白い砂・青い海が非常に綺麗なポイントです。港からボートで60分、スタイルはボートダイビング(主にアンカー) で、初級者から上級者まで楽しめるポイントです。ここは、なんといっても1989年の映画『彼女が水着に着替えたら』のロケ地です。撮影...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「ニタ洞窟」

島の北西部にあるニタ洞窟とは、陸上から海中へとつながる洞窟で、洞窟内でリュウキュウハタンポやアカマツカサなどが群れに遭遇できるポイントです。ダイビングではもちろん水中からはいります。ボートによるエントリーで、最大水深は20mほど、潮流も小さいので、初級者から楽しむことができます。洞窟には大きく外窓が...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「海底砂漠」

海底砂漠は座間味島の南にある嘉比島の東がわ、安慶名敷島との間にあるポイントです。真っ白な砂地とエメラルドブルーの海水の美しさで人気のダイビングスポットです。真っ白に輝く砂浜がが水深20mまで続いているのが美しく、そのネーミングのとおり、まさに海の底にひろがる砂漠のようです。ここはやはり、太陽の日差し...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「七番崎」

座間味島の北東にあるポイント、七番崎は、「カメ団地」と呼ばれるほど、たくさんのウミガメと遭遇できる、ウミガメファンにはたまらないダイビングポイントです。ボートからのエントリー(アンカー・ドリフト)となります。水深は5mから最大水深は40mまで。初級者から上級者まで楽しめる癒しのポイントといってよいで...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「男岩」

男岩は、座間味島北東部にあるポイント。慶良間を代表するダイナミックなダイビングポイントで、名前のとおり男性的な露出岩の周りを潮に乗って潜ります。潮通しが良く基本的に流れがあるが、慶良間屈指の魚影が濃さが魅力です。港からは60分、ボート(ドリフト)エントリーとなります。垂直のドロップオフが大迫力のここ...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「知志(チシ)」

座間味島の北部、港からボートで60分の場所にある切り立った崖の下にあるポイントです。ボートからのエントリーする、初級者から楽しめるポイントです。その切り立った崖が海中に続き、その壁から中へと続く洞窟があります。この地形がここのポイントの魅力です。洞窟を泳いでいくと、天井の隙間から差し込む光が神秘的、...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「唐馬No.2」

唐馬(トーウマ)No.2は、座間味島東部にある唐馬浜沖合いのポイントです。港からボートで60分の場所にあり、ダイビングスタイルはボートダイビング(主にアンカー)となります。砂地が非常に綺麗で、サンゴ・魚影・地形と三拍子そろった初級者から上級者まで楽しめる人気ポイントです。浅瀬は真白の砂地で、沖合いに...

≫続きを読む

座間味島のダイビングスポット「灯台下」

座間味島の東側にあるポイント灯台下は大きなクレバスのある、地形に魅力のあるポイントです。ここの見所のもうひとつは、キンメモドキ、カスミアジ、カイワリ、スズメダイ、グルクン、キンチャクガニ、フリソデエビなどの生物たちです。春から夏の間、壁一面にキンメモドキの大群が見られます。そして運が良ければキンメモ...

≫続きを読む