アリガー南

渡嘉敷島西側にある、色とりどりのサンゴの群生が、どこまでも続く美しいダイビングポイントです。
アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。
ここはボートからのエントリーですが、エントリーエリアの水深が深いため、潜行に問題のない中上級者向けにおすすめです。

 

沖へ伸びる根の上にはスズメダイの大群、チョウチョウウオ、ヤッコなどがみられ、魚影が濃いのが特徴で魅力です。
タイマイやアオウミガメも生息していて、その遭遇率は低くはありません。
エダサンゴも多く一面に群生していて、それもみどころのひとつとなっています。
水深が浅い場所では、きちんと中性浮力をとってサンゴを傷つけないように注意する必要があります。