アリガーケーブル

渡嘉敷島西側にあるダイビングポイントです。
アリガーケーブルというネーミングは、渡嘉敷島と座間味島を結ぶNTTの水中ケーブルが海底にのびていることからです。
ボートからのエントリーとなります。
水深も20m前後であり、初心者も楽しめるポイントです。

 

海底に延びるケーブルに沿って沖に進むと、沖合いには砂地がひろがっており、水深24メートルのところに直径10メートルほどの根があります。
夏場はそこに、スカシテンジクダイ・キンメモドキの大群を見ることができます。
さらに その周りにはチンアナゴ・ハナダイ系の魚が見られますし、浅場はクマノミ等小物も多いです。

 

また、ここはウミガメとの遭遇率が高いことでも知られています。
海中で出会うウミガメの悠々とした優雅な姿には感動します。