渡嘉敷島記事一覧

渡嘉敷島のダイビングスポット「アリガーケーブル」

渡嘉敷島西側にあるダイビングポイントです。アリガーケーブルというネーミングは、渡嘉敷島と座間味島を結ぶNTTの水中ケーブルが海底にのびていることからです。ボートからのエントリーとなります。水深も20m前後であり、初心者も楽しめるポイントです。海底に延びるケーブルに沿って沖に進むと、沖合いには砂地がひ...

≫続きを読む

渡嘉敷島のダイビングスポット「アリガー南」

渡嘉敷島西側にある、色とりどりのサンゴの群生が、どこまでも続く美しいダイビングポイントです。アリガーの南に位置するため、アリガー南と呼ばれています。ここはボートからのエントリーですが、エントリーエリアの水深が深いため、潜行に問題のない中上級者向けにおすすめです。沖へ伸びる根の上にはスズメダイの大群、...

≫続きを読む

渡嘉敷島のダイビングスポット「カミグスク(上城)」

渡嘉敷島東側にある、イソバナの群生が見事で、地形もおもしろいポイントです。港からボートで50分ほどの距離で、エントリーはボートからです。城島(グスクジマ)の北にあるので上城と書いてカミグスクと読み、初級者から上級者まで楽しめる人気のポイントです。なんといってもここの特徴は、一軒家ほどの大きさの根があ...

≫続きを読む

渡嘉敷島のダイビングスポット「サンドトライアングル」

サンドトライアングルは渡嘉敷島と儀志布島の間にあって、魚影の多さと珊瑚の美しさが魅力のポイントです。港からボートで55分ほど、アンカーでとめてのエントリーとなります。サンゴの根の間から真っ白な砂地が沖へ向かって三角形に広がっている地形から、サンドトライアングルと名付けられたここは、初級者から上級者ま...

≫続きを読む

渡嘉敷島のダイビングスポット「運瀬」

運瀬(うんせ)は、渡嘉敷島の東の沖にある海面に露出した岩のあるポイントです。夏は回遊魚の大群、冬はマンタ、と大物との遭遇チャンスもある迫力のダイビングスポットとして人気です。ここは激流のドリフトポイントですから上級レベル以上のダイバーにおすすめのポイントです。ボートによる完全ドリフトでのエントリーと...

≫続きを読む

渡嘉敷島のダイビングスポット「三本根」

三本根は、渡嘉敷島の西海岸にある、サンゴ礁と熱帯魚の美しいダイビングポイントです。ここでは、ガイドつきの体験ダイビングがおこなわれるほどですから、初級者から楽しめるポイントとして人気です。ボートからのエントリーとなります。水深は15mほどで浅めで、最大水深も30mほどです。なんといっても、ここのポイ...

≫続きを読む

渡嘉敷島のダイビングスポット「野崎 」

渡嘉敷島の北西にある珊瑚の美しいことで有名なダイビングポイントです。ボートからアンカー・ドリフトでエントリーする初心者も楽しめるポイントです。最大水深は30mほどで、真っ白な砂地に横たわる東西数百mに伸びる根の上には、一面にエダハマサンゴの群生。この群生のすき間は、小さい魚たちが、大きな肉食の魚たち...

≫続きを読む