ニシ浜の美しさは折り紙つきです。
雑誌の撮影にもよく利用されるほどで、白い砂地が美しく生物も豊富な、慶良間諸島のなかでも有名なダイビングポイントです。
とにかく真っ白なパウダースノーの砂地に生える青がすばらしく、圧巻です。
根の主の赤いアザハタも人気の見もの。

 

平均推進12m、最大水深は25mほどで、潮流がなく、初級ダイバーから楽しめます。
根には、キンメモドキやデバスズメダイ、ケラマハナダイなどが群れ、とにぎやかな様子がうかがえます。
サンゴの群生も美しく、晴れた日には砂地に影が映り、リラクゼーション効果は抜群です。
尚ここは、サンゴ保全のため、1度に入れる船は2隻と決まっていますので、ショップ毎の可能日については、ショップに問い合わせてください。