瀬底漁礁

沖縄本島の西海岸、東シナ海に浮かぶ瀬底島ではたくさんの魚が住みつき、瀬底大橋でつながる離島のきれいな海を楽しむことができます。
漁礁となっている島の東側のポイントは流れが緩やかな海で、ボートエントリーで初級者から楽しめます。
漁礁は四角いコンクリートのマスがたくさん置いてあり、中にはいろいろな魚が住んでいます。
また深度12mの海底には古くなったトラックが沈められていて、そこにはたくさんの種類の魚の住み家となっています。
トラックの周辺にはカマスの群れやアジアコショウダイ、ロウニンアジも見られ色とりどりのきれいな魚に感動することになります。
海底のトラックには今もハンドルや運転席が残っていますので、瀬底の海でのダイビング記念としてカメラ撮影のポイントにもなっています。