瀬底島のダイビングスポット記事一覧

瀬底島のダイビングスポット「瀬底漁礁」

沖縄本島の西海岸、東シナ海に浮かぶ瀬底島ではたくさんの魚が住みつき、瀬底大橋でつながる離島のきれいな海を楽しむことができます。漁礁となっている島の東側のポイントは流れが緩やかな海で、ボートエントリーで初級者から楽しめます。漁礁は四角いコンクリートのマスがたくさん置いてあり、中にはいろいろな魚が住んで...

≫続きを読む

瀬底島のダイビングスポット「パンプキン」

沖縄本島北部の離島「瀬底島」にはボートで南側に位置するポイいてントへと向かいます。島の影になるため北からの風に強く、冬季でも楽しく潜ることができるダイビングポイントです。最大深度24mの海底は、名前の通り「カボチャ」のように見えるサンゴが一面に広がっていて、コモンシコロサンゴはパンプキンとも呼ばれて...

≫続きを読む

瀬底島のダイビングスポット「キャメル」

沖縄本島北部の本部半島の西側に浮かぶ瀬底島には、スキューバダイビングの初心者でも楽しめるダイビングポイントがあります。本部からボートで向かうと15分ほどで島の西側に地形の美しいキャメルというポイントに到着します。透明度20mの海は上から見ているだけでもきれいですが、海中はもっと素敵なところです。ゴツ...

≫続きを読む

瀬底島のダイビングスポット「ラビリンス」

沖縄本島北部の本部半島の西側に浮かぶ瀬底島で人気の地形ダイビングポイントです。陸からのびた数本の根の間に亀裂が入り、その先にはもっと多くの亀裂が入っていて、迷路のようになった珍しい地形を見ることができます。ボートからエントリーすると水深5mくらいから落ち込むドロップオフにもたくさんの亀裂が入っていま...

≫続きを読む

瀬底島のダイビングスポット「トウアカ」

沖縄本島北部にある本部港と瀬底島の間にあるポイントには、初級者からボートエントリーできるところです。瀬底島と半島のおかげで風が遮られ、強い南風の時以外にはいつでも潜ることのできます。水中は深度10m前後で砂地が広がり、ネーミングの「トウアカ」の由来となるトウアカクマノミを見ることができます。日本には...

≫続きを読む