ヨスジの根

手久津久漁港からボートで8分の水納島の北側にある中級者向けのダイビングポイントです。
ボートでエントリーすると最初に太陽の光が差し込んで、キラキラと輝く白い砂地が目に飛び込んできます。
その白い砂地を沖に進むと根が点在して、根の周囲にはネーミングにもついているヨスジフエダイがいます。
1年を通して根を埋め尽くすほどのヨスジフエダイがいるので「ヨスジの根」という名前がついたそうです。
また周りの砂地にはたくさんのガーデンイールが顔を出しています。
他にもスカシテンジクダイやキンギョハナダイ、ムレハタタテダイなどの群れが泳いでいて感動を与えてくれます。
大型の回遊魚やウミガメに巡り会えることもあり、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウなどのハゼ類が泳いでいるところを見ることもできます。