水納島

沖縄本島北部の本部半島から東シナ海に浮かぶ水納島には、マーメイドと呼ばれるダイビングポイントがあります。
水納島周辺の海中での透明度は30m~40mと高く、水深10m~25mの白く広い砂地に点在する根をずっと上のほうから見ることができます。
砂地にはヤシャハゼやヒレナガネジリンボウなどのハゼ類が多くいて、根にはキンギョハナダイやケラマハナダイ、ヨスジフエダイなどの群れが泳いでいます。
また大型のドクウツボ、チンアナゴやアキアナゴなどを見ることもあります。
ボートエントリーで初級者から楽しめるダイビングポイントでは、ブルーの海の中で白い砂地と鮮やかな珊瑚礁が太陽の光に照らされ映し出されて、そのコントラストはとてもきれいです。