シッピシ・ドロップ

沖縄本島の北部に位置するオクマの桟橋からボートで10分ほど移動すると、沖合のリーフにシッピシ礁はあります。
海中には切り立ったドロップオフがメインのポイントです。
あたり一面がサンゴで埋め尽くされているところから、水深26mまでのミニドロップオフがあり、周囲にはイソマグロやマダラトビエイ、そしてツムブリカスミアジなどが回遊しています。
また潮の流れが強い時には、ツムブリやヒラアジが横切っていくときがあります。
イソマグロやマダラトビエイなどの大物との遭遇率も高く、青い海の中の華やかさと地形の豪快さがダイバーには人気のポイントです。
初級者から十分楽しめるポイントですが、潮の流れが速い場合があるので注意は必要です。