シッピシ・ノース

沖縄本島の北部オクマ桟橋からボートで移動すること10分、赤丸岬の西側沖にシッピシ礁という場所があります。
沖合にあるシッピシ礁というリーフの北側にあるポイントです。
以前に水温が30度以上に上がりサンゴ礁が白骨化し壊滅的な打撃をこうむりましたが、なんと15年たつと自然の強さで回復したのです。
透明度のある青色の海の底は20mあり、開放的なロケーションは初級者から十分に楽しむことができます。
見事に育っているテーブルサンゴが群生していて、リーフエッジにはタカサゴなどが群れています。
その先に進むと中層には回遊魚のイソマグロなどを見ることもあります。
海底の白い砂地にはチョウチョウウオの群れやハナゴイなどがカラフルな色を見せてくれフィッシュウォッチングを楽しむことができます。