辺戸岬キャニオン

沖縄本島最北端の辺戸岬には、最大のビックポイントと言われる「辺戸岬キャニオン」と名付けられたポイントがあります。西側の東シナ海と東側の太平洋がぶつかりあう海で複雑な流れが起きるポイントで、「海底にあるグランドキャニオン」を想像させる80mの青い壁が水面上にまで突き出しています。

 

ダイビングポイントまでは宜名真漁港からボートで向かい、潮の流れの強いのでドリフトダイブが主流となり、違う場所でエキジットすることになりますのでガイドとの連携も大切です。海底探検のように広範囲をもぐるドリフトは、潮の流れが強く上級者ダイバーが楽しめる海と言えます。透明度の高い海中にはイソマグロやカツオが回遊し、根の周囲にはナポレオンフィッシュやウミガメを見ることができます。