本島北部のダイビングスポット「キャベツ畑」

沖縄本島北部の渡久地港からボートで5分、中級者から上級者まで十分に楽しめるポイントです。
最大深度は26mですが5〜20mにはウスコモンサンゴ群生しています。
タマナーファームと呼ばれるポイントは別名キャベツ(タマナー)畑(ファーム)と呼ばれています。
キャベツに見えるのはサンゴで、同時にカラフルな枝サンゴの群生も見ることができます。
5月〜10月にはキャベツ畑のように見えることから、このシャキシャキとした美味しそうなネーミングになったようです。
キャベツ畑の周りにはカラフルな熱帯魚のクマノミやデバスズメもなどが豊富にいます。
また大型の回遊魚も一緒に見ることができますが、流れが速くなっていることがありますので気を付ける必要があります。
また何より人気のあるのはウミガメにも遭遇率が高いということです。