本島北部のダイビングスポット「茅打バンタ」

沖縄本島最北端の辺戸岬近郊にある茅打バンタは有名な景勝地。切り立つ断崖絶壁の崖に息をのむ方が多いはず。その断崖の下にはきれいな海が広がっていて、奥間桟橋からボートで向かと15分で到着します。海中も茅打バンタ同様に急に斜面が落ちるドロップオフの切り立った崖となっています。初心者にはプレッシャーを感じる地形ですが、流れのない時期だと安心してもぐることはできます。風や流れが強い時期には中級者以上が楽しめるポイントとなります。最大水深は50mで20m以深からスミレナガハナダイなどを見ることができます。他にもハナダイやナポレオンフィッシュ、海ガメなどにも遭遇するはずです。
特に北に向かう壁は流が強いので魚影も濃く、深場ではアケボノハゼやスジクロユリハゼなどを見ることができます。