通信塔

珍魚・大物・小物にいっぺんに出会えるのが魅力のこのポイントは、島の南にあり、通信塔の南側の沖にあります。
通信塔の南側の沖にあるポイントで水深5mほどの根の上にボートからエントリーします。
根の下はゴロタになっています。

 

ここの最大水深は25メートルほどで初級者から上級者まで幅広く楽しめるポイントです。
魅力はなんといっても、サンゴ礁の根と水路がつくりだす、変化に富んだ地形です。

 

ところどころにアーチやクレバスがあって楽しめるほか、ドロップオフの下には真っ白な打つくし砂地です。
根の間の水路にはハゼ類が観察できます。
地形好きなダイバーにはもちろん、サンゴ礁の群生と豊富な魚を楽しみたいダイバーにもおすすめです。